塗り替えの目安

外壁

外壁用の塗料の耐用年数には限界があります。
建物の耐用年数は一般的に30年位といわれていますので、建物が寿命をむかえる前に何回か塗装が必要になります。
ご自宅に以下のような症状はございませんか?

注目!こんな症状はありませんか?

  • チョーキング現象

    チョーキング現象

    壁を触った時に白い粉状のものがつきます。表面の塗膜が弱り、雨水をはじかなくなっています。

  • クラック(ひび割れ)

    クラック(ひび割れ)

    モルタル壁は年月が経過すると、表面にひび割れを起こします。
    雨水が入ると建物の基礎を傷める原因になります。

  • 色あせ・塗料のはがれ

    色あせ・塗料の剥がれ

    直射日光が当たる場所に良く見られる剥がれ。表面塗膜が剥がれ落ち、壁の防水能力が低下します。

  • カビ・コケ・藻

    カビ・コケ・藻

    日陰や結露など、湿気の多い場所に、カビ・コケ・藻が発生します。

※処置につきましては外壁塗装をご参照ください。

▲ページ上部へ

屋根

一般的に日本瓦以外の屋根は、ほとんどの物が塗り替えが必要です。
常に紫外線や風雨にさらされているので、塗装の色褪せ・反りなどが起こりやすくなっています。
全体的な傷みはなくても、部分的な傷みが見られたら屋根塗装(塗り替え)のサインです。
普段なかなか見れない場所ですので、思っていたより老朽化・劣化が進んでいることがあります。この機会に一度診断されてみては如何でしょう。

注目!こんな症状はありませんか?

  • 色あせ・塗料のはがれ

    色あせ・塗料のはがれ

    直射日光が当たる屋根には良く見られます。表面塗膜がはがれ落ちるため、防水能力が低下します。

  • 反り・膨らみによる隙間

    反り・膨らみによる隙間

    日々の乾燥・吸湿の繰り返し等で、屋根材自体や野地板が変形し、雨漏り等の原因になります。

  • サビ

    サビ

    内部まで侵食が進むと、塗装だけでは対処できない場合もあります。

  • カビ・コケ・藻

    カビ・コケ・藻

    屋根でも日陰や結露の多い場所には、カビ・コケ・藻が発生します。

※処置につきましては屋根塗装をご参照ください。

▲ページ上部へ

その他の部分

建物には屋根・外壁の他にも、ベランダ・外階段・門扉・フェンス・シャッター・手摺などの鉄部や、破風板などの木部あります。
通常の塗装面より耐久年数が低いため、こまめにチェックを行いましょう。
劣化が見られたら早めの処置と定期的な塗替えをお勧めします。

注目!こんな症状はありませんか?

  • 鉄部

    鉄部

    サビが発生すると急速に腐食が進みますので、定期的な塗り替えを行うことが必要不可欠です。

  • 木部

    木部

    雨などにより劣化が進むと、表面がポロポロ剥がれて腐食が進み、シロアリの発生や雨漏りの原因になります。

※処置につきましてはその他の工事をご参照ください。

訪問販売いたしません。